越前水仙が、咲き続けるために

水仙の「見頃時期」は1月から2月。越前海岸でもその頃になると、荒れた日本海を見つめて小さいながらも香り立つ、水仙の群生する姿を見ることができます。
実は、ここで咲いている水仙が生花店に並ぶことはありません。育ち具合が足りず出荷できなかった水仙たちなのです。
水仙は球根から育ちます。次の年には新しい花を咲かせますが、咲いたままでいると球根は痩せて元気がなくなり、だんだんと花をつけられなくなってしまいます。
「せっかく咲いているのに摘み取るの?と思うかもしれないけど、その方がいいんだよ」と水仙農家さんは教えてくれました。今度は、翌年元気に花を咲かせてくれるように、水仙農家さんと一緒に摘み取りに来よう、と思いました。

石原 康宏
㈱JTB福井支店
観光開発プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。