越前海岸の『越前水仙』を伝えるローカルフォト

令和3年3月26日、日本水仙の三大群生地のひとつである「越前海岸の水仙畑の文化的景観」が国の重要文化的景観に選定されました。
この地で栽培される水仙は「越前水仙」のブランド名で全国に出荷され、厳冬の日本海を背景に急峻な斜面地で栽培される「越前水仙」の咲く姿は、福井の冬の風物詩のひとつとなっています。

私は水仙栽培をはじめ、様々な生活・生業と景観を築く源を探るべく地域に入り、植物を調べ、石積みを調べ、年長者から話を聞くうちに、すっかりこの地域の奥深さに魅了されました。私の関わった重要文化的景観選定までの道のりは、まさに「地域らしさ」を見つける過程だったのです。

そして、この感動を多くの人と分かち合いたいと思うようになり、そんな時に出会ったのがローカルフォトという取り組みでした。
カメラと写真の力によりこの地域の魅力を見つけ、発信していくローカルフォトプロジェクト『越前水仙カメラ』。
ローカルフォトを学び、実際にメンバーが撮影した“越前水仙の感動”に共感いただけたら幸いです。


福井市文化財保護課 藤川明宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。