愛子さん

ノカテの活動でお世話になっている藤崎夫妻の奥様・愛子さん。越前水仙として出荷する上での等級の厳しさ、厳しい環境下での収穫の苦労など、最初に教えてくださった方です。大勢のカメラに囲まれ、質問やリクエストにも難なく応えるプロの生産者の顔から、ホッとした穏やかでかわいい愛子さんの表情に戻った時に、シャッターを切りました。ピンボケしたけど、愛子さんの笑顔と越前海岸の景色に助けていただいちゃった、そんな1枚です。

吉鶴 かのこ
大阪出身・在住のグラフィックデザイナー、イラストレーター。XSCHOOLをきっかけに5年前から月1度福井へ通う。2019年より、越前海岸を拠点に水仙産地の新しい景色と生業づくりを目指す「ノカテ」のメンバーとしても活動している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。