越前水仙

冬の越前海岸を車で走っていると山の斜面に水仙畑が広がっている場所が多く見られる。この寒い時期には海岸の景観と山肌の水仙畑そして時々見えるカニ料理の看板もあり五感で旅を楽しめます。

福井市居倉町に在住する水仙農家の人に話を伺うことが出来ました。この地で生まれ住み続けて80年と、とてもこの年には見えない田中民子さん、水仙のように背筋も伸び明快な答えも帰ってくる、水仙農家の高齢者は病気知らずの健康な生活を送っている人も多いと聞いたこともある。

出荷時は朝から急斜面の場で刈り取りをして持ち帰り茎の泥を洗い流し選別作業にと、夜の10時までも作業が続き忙しい日々が続くが、水仙を愛してるからこそ出来る仕事なんだと言う言葉が心に響く。この水仙には香りと凛とした姿に魅せられて全国に多くのファンがいる。全国に出荷するための組合もあり、寒冷のなか2カ月位の間は朝から夜まで忙しい日々が続く。農家には個人的にもファンから毎年注文が入り、家の中に生けたりお歳暮用等に利用にするらしい。

吉田 隆一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。